『親指を握る』おまじないの意味は?心を落ち着かせる効果も!

親指をギュッと握るという事を無意識にしている方も多いのではないでしょうか。

実は親指を握るという行為には古くからある『おまじない』が関係しているって知っていましたか?

今回はそんな親指を握る意味や効果を書いていきたいと思います。

 

親指を握るおまじないの意味や効果は?

 

 

親指は本来『自己啓示欲』の象徴と言われています。

その為、親指を内側に握るという行為は自分自身をなだめる意味や落ち着かせるという効果の他にも『気』を体に充満させてやる気を起こすという意味もあるようです。

イライラした時にグッと親指を握って怒りをこらえた経験のある方もいると思いますが、無意識に自分自身を落ち着かせているのかもしれませんね!

 

結婚式の時にも使われる決意や約束の意味も!

 

 

教会の結婚式の際に新郎は親指を中に入れて左手を握り、みぞおちの近くにおくことがあります。

その意味は約束・決意といった結婚に対するおまじないもあるようです。

日本だけでなく世界中にこういったおまじないがあるのは面白いですよね!

 

霊柩車が通る時は親指を握る意味は?

 

 

昔から『霊柩車の通る時は親指を隠す』というおまじないを聞いたことのある方も多いと思います。

その理由としては所説ありますが、親指を出していると宙にさまよう亡くなったばかりの霊が入り込まれて死者の世界に連れていかれてしまうと言われているようです。

他にも親指を出していると親が亡くなったり病気になるといった言い伝えも地方によってはあるようです。

 

まとめ

 

親指を握るという行動の中にも意味や効果のあるおまじないがあるって知っている人は少なかったのではないでしょうか?

自分を落ち着かせる時や頑張る時に親指を意識して握るだけでも結果が変わってくるかもしれません!

日常の中に簡単に取り入れられるおまじないですので、これから率先的に使ってみくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です